文字サイズ

  • 小さい
  • 標準
  • 大きい

ホーム > 認知症先進医療開発センター > 部門 > 脳機能画像診断開発部 > 分子画像開発室

分子画像開発室

室長:加藤隆司 

脳画像を用いたアルツハイマー病の診断と病態解明の研究を行います.

研究の概要

 分子画像開発室は,ポジトロン(PET)単光子(SPECT)の両核医学画像,MRI等の脳画像を使って,認知症の画像診断,病態解析などの研究を行っています.なお,同室長は,センター病院の放射線診療部の核医学診断科医長を併任しており,放射線診療部において一般画像診断業務にも従事しています.また,ものわすれセンターの一員として,認知症の画像診断に携わるほか,センター内の様々な診療科,研究室と共同作業を行っています.

 同研究室は,これまで,正常加齢,アルツハイマー病,パーキンソン病などの高齢者神経疾患の画像診断および病態解明,脳腫瘍イメージングなどの臨床研究を行ってきました.  分子画像開発室の現在の主要な研究課題は,認知症特にアルツハイマー病です.最近行ってきたあるいは現在進行中の研究課題は次のようなものです. 

(1)MULNIADプロジェクトの中で,[C-11]PiB PETの画像評価方法に関する検討を進めています.また,認知機能正常からアルツハイマー病までの各進行段階での,認知機能の変化のメカニズムを,MRI,PETを用いて明らかにしようとしています. 

(2)国内の多施設共同研究SEAD-Jこのリンクは別ウィンドウで開きます (Study on Diagnosis of early Alzheimer's disease - Japan)、J-ADNI(Japanese Alzheimer's disease Neuroimaging Initiative)のPETコアの一員として活動し,FDG PET, PiB PET, MRIのデータ解析を進めています.SEAD-Jでは,MCIからADへの移行予測においてMRIやFDG PET画像が示す特性を明らかにしてきました.また,MCIにおいて認知予備能の効果が働いていることを,示してきています.

jadni

国立長寿医療研究センター

  • 病院
  • 研究所
  • 認知症先進医療開発センター
  • 老年学・社会科学研究センター
  • もの忘れセンター
  • メディカルゲノムセンター
  • 治験・臨床研究推進センター
  • 長寿医療研修センター
  • 歯科口腔先進医療開発センター
  • 健康長寿支援ロボットセンター