患者・家族メンタル支援学会 第3回学術総会

The 3rd Annual Meeting of Society of Mental Support for Patient and Family (SMSPF)

『エンド・オブ・ライフのメンタル支援』

会期

会場(ウインクあいち 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)

新着情報

2017年4月1日 患者・家族メンタル支援学会 第3回学術総会ホームページを開設しました

 

ご挨拶

本学会は、メンタル支援を学ぶ新しい学会です。この度、第3回学術総会開催を迎えることができました。患者さん・ご家族のメンタル支援は、医療やケアに携わる全ての人々の普遍的な課題です。

第3回学術総会は、初めての名古屋開催として、テーマに『エンド・オブ・ライフケアのメンタル支援』を掲げました。特別講演に、日本の緩和ケアの第一人者である聖隷三方原病院副院長・緩和支持治療科部長の森田達也先生、基調講演に、エンド・オブ・ライフケア学会理事長であり、人間環境大学副学長・研究科長・教授の島内節先生をお招きしご講演いただきます。また、本領域の第一人者による教育講演を6講演、様々な視点からのシンポジウムを3題予定しております。学術的・専門的な内容のものから一般的なものまで様々なイベントを企画しております。

この患者さん・ご家族のメンタル支援という新たな視点の学術集会に、幅広いステージで活動される皆様に是非ご参加いただきたいと思います。今までにない『ユニークな学会・ユニークな試み』に参加することで、様々な立場、視点があることを感じていただき、患者・家族メンタル支援の広がりを体感して頂ければ幸いです。参加されたお一人お一人にとって意義深い大会になりますよう準備を進めて参りますので、皆さまのご参加、ご支援をお願いいたします。

患者・家族メンタル支援学会 第3回学術総会
総会長 角 保徳

 

学術集会への参加について

目的

患者と家族への精神的・心理的支援に関する諸課題を討議し、患者と家族に信頼され、満足される医療へ改善を目指します。

対象者

看護師、ソーシャルワーカー、ケアマネジャー、医師、歯科医師、薬剤師、リハビリテーションスタッフ、栄養士、医療安全担当者、法律家、行政官、患者・家族

日程表

10月28日(土) 共催:公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

第1会場:1202中会議室A
9:00~11:20 一般口演  
11:20~12:00 基調講演 エンド・オブ・ライフの展望と課題
人間環境大学副学長・研究科長・教授 
島内 節
13:20~14:00 教育講演1 人生の最終段階における意思決定支援~医療ソーシャルワーカーの立場から
日本医療社会福祉協会 業務執行理事 
岡村紀宏
14:00~14:40 教育講演2 患者・家族メンタル支援における倫理教育の在り方
医療法人五星会菊名記念病院医療安全管理室
新村美佐香
14:40~15:20 教育講演3 危機管理から医療サービス向上への転換
医療安全の視点で考える患者・家族と医療スタッフのサポート体制のありかた

ベルランド総合病院クオリティ管理センター部長 
楠本茂雅
15:20~16:20 会長講演 医師・看護師・コメディカルスタッフに知ってほしい口腔の知識と口腔ケア
国立長寿医療研究センター歯科口腔先進医療開発センター長
角 保徳
16:30~18:00 特別講演 緩和ケアとメンタル支援:実証研究から患者家族の望むことを解き明かす

聖隷三方原病院副院長・緩和支持治療科部長

森田達也

10月29日(日)

第1会場:1202中会議室A
9:30~10:10 教育講演4 慢性疾患患者・家族のメンタルヘルスと支援

国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所社会精神保健研究部長

伊藤弘人
10:10~10:50 教育講演5 患者家族メンタル支援と医療事故

井上法律事務所弁護士

井上清成
10:50~11:30 教育講演6 地域におけるアドバンス・ケア・プランニング

国立長寿医療研究センター緩和ケア診療部/EOLケアチーム・在宅医療地域連携診療部/地域医療連携室長

西川満則
13:00~14:30 シンポジウム1 在宅緩和ケアへとつなぐ薬物療法

神戸市立医療センター中央市民病院院長補佐・薬剤部長
治験・臨床試験管理センター長

橋田亨
14:30~16:00 シンポジウム2 インフォームド・コンセントを通じての患者の意思決定支援

京都大学医学部附属病院医療安全管理室

松村由美
第2会場:1208小会議室A
13:00~14:30 シンポジウム3 重大触法精神障害患者の「社会復帰ネットワークシステム」の構築は可能か

国際比較医事刑法研究所長・弁護士

加藤久雄

抄録集のダウンロードはこちら(PDF:00KB)

 

事前参加登録の手順

  1. お申込はこちらからお願いします。
  2. 下記の第3回学術総会事務局口座に参加費をお振り込みください。
    銀行名 三菱東京UFJ銀行
    店名 大府支店
    預金種目 普通
    口座番号 0206870
    口座名称 第3回患者家族メンタル支援学会 大会長 角 保徳
    (ダイサンカイカンジャカゾクメンタルシエンガッカイ スミ ヤスノリ)

    参加費 (参加費には抄録集のPDFが含まれます)

      事前申込参加費 当日申込参加費
    会員(医師・歯科医師・弁護士) 8,000円 9,000円
    会員(上記以外) 3,000円 4,000円
    非会員(医師・歯科医師・弁護士) 9,000円 10,000円
    非会員(上記以外) 4,000円 5,000円
    学生(学生証を当日携帯して下さい) 3,000円 4,000円
    事前登録期間(2017/5/1-2017/9/30)
    キャンセルの場合は、参加費は返却されませんので、ご注意ください。
    抄録集冊子(紙媒体)をご希望の方は、別途3,000円(税込)が必要です。
    当日申込で参加される方も、抄録集冊子を購入することもできますが、数に限りがございます。確実に抄録集冊子を手に入れるためには、事前申込参加費と合わせて、抄録集冊子代金3,000円をお振込み下さい。

    (例1)会員(上記以外)参加費のみ
     3,000円を振り込んで下さい。
    (例2)非会員(医師・歯科医師)+抄録集冊子(紙媒体)を購入
     9,000円+3,000円=12,000円を振り込んで下さい。

  3. 事務局が振り込みを確認後
  4. 事前参加申込していただいたメールに振り込み確認のメールを送信します。
    • ※1 この確認メールをもって事前参加登録の完了とします。
    • ※2 稀に、メールの不具合が生じる場合がありますので、振り込み後、2週間しても、事務局から振り込み確認の通知メールが送付されない場合は、事務局にお問い合わせ下さい。

 

学術総会発表について

一般演題

抄録の提出期間:2017年5月1日~2017年7月31日

抄録の提出方法

  1. 抄録フォームをダウンロードする。(ダウンロードはこちら:Word 18KB
  2. 抄録フォームに入力する。
  3. 入力済の抄録フォームを3rdmeetingmentalshienshouroku@gmail.comまで、件名に抄録提出と記載し、メールに添付し、送付する。
  4. 事務局が、メールに返信し、提出された抄録を受け取ったことを通知
    • ※1 この通知をもって抄録提出の完了とします。
    • ※2 稀に、メールの不具合が生じる場合がありますので、抄録提出後、2週間しても、事務局から抄録提出の確認通知メールが送付されない時は、事務局にお問い合わせ下さい。
      採択通知のおおよその時期:2017年8月中旬を目途に、採択・不採択等を通知します。

発表者の皆様へ

口演発表の方法

宿泊について

会場での飲食について

理事会・評議員総会のご案内

 

交通案内

愛知県産業労働センター ウインクあいち
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
TEL. 052-571-6131 FAX. 052-571-6132

学術総会運営組織
委員会組織
総会長: 角 保徳(国立長寿医療研究センター)
実行委員長: 西川満則(国立長寿医療研究センター)
事務局長: 大野友久(国立長寿医療研究センター)

問い合わせ・事務局

患者・家族メンタル支援学会 第3回学術総会 事務局
〒471-8511 愛知県大府市森岡町七丁目430番地
国立長寿医療研究センター内 問い合わせ担当 西川満則
(MAIL) 3rdmeetingmentalshientoiawase@gmail.com